増改築・戸建内装リフォーム施工例

愛車精神に溢れたガレージ拡張工事 市川市

建物

車庫

施工内容

●既存土間コンクリート解体

●既存電動シャッター撤去

●ブロック基礎及びレンガ基礎

●増築部建方

●屋根コロニアル施工

●外壁サイディング貼り施工

●新規電動シャッター取付

●雨樋取付

●電気工事

●新規土間コンクリート打設

●塗装工事

工期

約3週間

施工金額

125万円(税込)

商品

LIXIL製ガレージシャッタークアトロ(電動)

担当者名

市川支店:中山

before

→

施工前の様子です。車庫手前の

三角のコンクリート部分が

空いているので、境界ギリギリ

まで拡張することに。

after

増築後の正面から見た様子です。
もともとブラック色を基調とした外観でしたので、
電動シャッター、新規外壁、屋根は統一した色合いにしました。
破風と柱は既存を踏襲してホワイトで仕上げ、
アクセントを持たせました。

before

→

歩道側の外壁部分も

約15㎝ほど拡げてほしい

とのことで、ここも境界

ギリギリまで拡げました。

after

赤茶色の既存レンガ基礎は撤去して、
現状と近い色合いのレンガで基礎を新設しました。
外壁材はなんとかキレイに外すことができたので、
ちょっとの補修で再利用することができました。

三角部分の土間コンクリートを

解体した後の様子です。

結構な堅さがあり、斫り作業も

大変な状況でしたが、

無事完了しました。

できるだけ既存の造りに合わせる

ため、奥側はブロック基礎で、

道路側から見える部分は、

レンガ基礎で組んで

いただきました。

基礎完了後、大工さんに増築部の

構造体を造作していただきました。

三角形の形状ということで、

納まりについて、何度も職人さん

同士話し合いながら、

進めていきました。

増築部分の屋根のコロニアルを

葺いていただきているところです。

既存との取り合い部分は、

雨漏りがないように板金処理を

おこなっていただきました。

建物側の外壁は、車庫と面して

いる建物との隙間がほとんど

ないため、内側からのビス留めと

コーキング処理でしっかり

固定していただきました。

新たに設置した電動シャッター

の様子です。今までは木製の

電動シャッターで内側の天井を

這って取り込んでいましたが、

増築部の形状が三角のため、

アルミ製で軽量タイプ・

ボックス付の電動シャッター

としました。

新たに設置した電動シャッターを閉めている状態です。
因みに、上部の外壁サイディングは仮で塞いでいます。

シャッターの取付が完了して、
土間コンクリートを打ち直していただきました。
全体的に勾配が大きいため、
おクルマの出し入れ時にらないように配慮して、
細かい段差3ヶ所を設けていただきました。

その他の施工例はこちら