増改築・戸建内装リフォーム施工例

段差解消&安全の手すり取付工事 市川市

建物

2×4戸建て

施工内容

階段手すり トイレ改修

工期

3日間

施工金額

48万円

商品

トイレドア【パナソニック】 トイレ【TOTO・ピュアレストQR】 ウォシュレット【TOTO・アプリコット】 壁紙【サンゲツ】床長尺シート【サンゲツ】 手すり【パナソニック】

担当者名

市川支店 伊藤

before

→
内開きのドアを外開きに勝手変更します。
入口敷居の段差も取り除きバリアフリー仕様にリフォーム。

after

内装も一新しました。
開き勝手を替える事でトイレ内での動作が
大きく変わりました。
入口敷居の段差が6センチあった為またいで入っていましたが、つまずく心配もなく、安心して高齢のお母さまにもトイレが使用出来ます。

before

→
階段2階から見たビフォー写真
掴まる所がない為壁につないながら上がり下りしていました。

after

設置後
連続して手すりを付けました。
曲がり階段の場合は段差と共に角度が変わってきます。体裁も気にしつつ、角度を調整しながら取付していきます。

廊下から6センチの敷居をまたいでトイレ室に入っていました。今回は建具の枠ごと交換していきます。

工事中
枠が設置完了。廻りの建具の色に合わせ今回も白で選択。
両壁にはMクロスにて下地補強を入れて内装施工後に手すりと、2連の紙巻き器(手を掛けられる棚板が付いている紙巻き器です)を設置します。

施工後
床はバリアフリー仕様になりました。
廊下の床材は既設の為見切り材でていよく見せます。

座って右側にL型手すり、
左側にはペーパーフォルダ兼手すり代わりの棚
にする事で立ち上がり動作が楽になります。

床はバリアフリーになりました。

階段連続手すり設置後
角度を見ながら微調整して取付していきます。

使い易い高さを決めます。
下地の都合で今回はベースを付け丸棒を取りつけしていきました。丸棒に引っかかる事が無い様、カーブになっている部材で安全を図ります。
その他の施工例はこちら