リフォーム施工事例

家屋解体で家庭菜園をスタート! 市川市

建物

戸建 平屋

施工内容

・家屋解体
・赤土、堆肥、腐葉土散布
・ブロック塀解体、設置

工期

約3~4週間

施工金額

約300万

商品

伸縮門扉:リクシル アルシャインH型ノンレール
フェンス:リクシル プレスタフェンス8型

担当者名

船橋店 宮部

工事前の様子です。
家庭菜園を始めたいとのご要望で、門扉から母屋までの間にある平屋を解体して畑にする工事をさせていただきました。

工事をスタートしてから数日で平屋とブロック塀の解体が完了しました。
平屋の柱は鉄骨だったので、とても頑丈に造られていたようです。

解体が完了したので、畑として使いやすいよう土を掘り起こしました。
柔らかく、栄養がある土ほどいい野菜が育ちやすいそうなので、赤土を撒いていきます。

赤土を撒き終わり、畑に使用しないスペースに土間打ちを行います。
また、道路側にはブロック塀を改めて設置し、フェンスなど取付の作業に入るところです。

いよいよ仕上げ段階になりました。
ブロック塀側の端は積む前に赤土を入れてしまうと雨などで流れてしまう可能性があったので最後に積み上げました。

before

改めて施工前の様子
古くなってしまったブロック塀は塗料も剥げてボロボロになっており、ところどころグラグラと安定しない状態で危ない状態でした。
お家の前の道路は小学生の通学路でもあるため、万が一の事故が起きる前に対策をしたいとお客様からご相談を受け、なるべく早く着工しました。

↓

after

施工後の様子
新しいブロック塀は、元の塀に近い白系のものを採用しました。
全面に積み上げず、一部フェンスも組み込んでいます。
土間打ちした箇所は元の駐車スペースと同じ勾配をつけ、広く安全に乗り降りができるようになりました。

ブロック塀を壊す際、市によって補助金が出ますので気になる方は是非お問い合わせ下さい。
また、ブロック塀を設置する際はセットバック(道の境界線から20cm離す)が必要になりますので要注意です。

赤土だけまいても土が硬かったので、堆肥や腐葉土を最終日に入れて掘り起こしました。
より柔らかく、野菜にも良い土壌になったと思います。

その他の施工例はこちら