リフォーム施工事例

洗面所・開き戸の敷居を撤去 「フラットレール」を施工 段差解消工事 市川市

建物

軽量鉄骨2階建て

施工内容

段差解消工事(敷居の撤去)

工期

半日程度

施工金額

※下記金額には他箇所の工事も含みます。 

自己負担額 1割分 ¥4,000

(総費用 ¥40,000
介護保険対象工事のため、9割分¥36,000が支給)

商品

【バリアフリー静岡】すべりにくいフラットレール への字

担当者名

バリアフリー事業部・水口

市川市の戸建てにお住まいのお客様。
腰椎すべり症と変形性股関節症により歩行が不安定とのことで、洗面所の入口にバリアフリー工事を行うことになりました。
傍目にはちょっとした段差でも、つまづいて転倒すれば大きな怪我や事故に繋がります。
 

before

→

写真の左側・・・廊下、
写真の右側・・・洗面所の床です。

洗面所への入口の敷居と廊下とで高低差が3cm強ありました。
扉はそのままに、敷居を撤去して安全に出入りできるようにします。

after

敷居を撤去し、「すべりにくいフラットレール」という商品を使用し、床を補修しました。

通常敷居を入れ直した場合は元の枠に合わせて塗装の工程が必要ですが、上記の商品を使用すれば、塗装の必要はなく工事を安価に済ますことができます。

今までは、段差のある敷居の両側に、スロープを設置して段差を解消していましたが・・・

段差のある敷居部分を撤去し、フラットレールを設置して、段差を解消できます。

before

→

今までは、段差のある敷居の両側に、スロープを設置して段差を解消していましたが・・・

after

段差のある敷居部分を撤去し、フラットレールを設置して、段差を解消できます。

表面に特殊な塗装をしてありますので、施工後も安全に、歩行をしていただけます。

その他の施工例はこちら